プロミスは借り換えの利用に最適なのかを検証

プロミスで借り換えを検討する前に、総量規制についてよく知っておかなければいけません。.総量規制とは、消費者金融や信販会社・クレジットカード会社などの貸金業者を規制する法律である貸金業法のなかの法律です。

 

これは消費者が債務超過に陥らないように貸金業者に対して、

 

 

申込者に対して貸金業者からの借入合計額が年収の1/3を超えて貸してはいけないという法律です。


この法律がある限り、消費者金融等の貸金業者での借り換えは非常に厳しくなってしまいます。例えば、

 

A社で50万円、M社で100万円借入していたとします。貸金業者からの借入合計額が年収の1/3を超えてはいけないのですから、既存の借入が150万円+借り換え用の借入が150万円、合計で300万円が年収の1/3いないでないといけません。そうなると年収は900万円以上ないと法律的に借り換えでの申込み資格すらなくなってしまいます。

ではプロミスなどで借り換えはできないんですか?

 

総量規制のおかげで借り換え金額の6倍もの年収が必要なら貸金業者で借り換えれないじゃんw


金利だけなら銀行カードローンで借り替えたほうがいいのですが、大手消費者金融の最大のメリットは審査能力の高さです。せっかく借り換えのメリットを受けたくても、審査が通らなければ意味がありません

 

そこで本当に借り換え審査でも困っている方の為に、総量規制では例外規定があります。それは、

 

 

”顧客に一方的有利な借り換え”すなはち借り換えローンやおまとめローンは総量規制の範囲を超えて貸してもよいということになっています。


 

じゃ安心してプロミスで借り換えの申込をしてもいいんだね?


 

いえ。この総量規制の例外で借り換えるには、金融庁の示した条件に適合した商品に申込まなければなりません。その商品には様々な条件がありますのでしっかり把握してから申込んでください。


総量規制の例外が適用されたプロミスの貸金業法に基づくおまとめローン

プロミスにはこの総量規制の例外が適用された貸金業法に基づくおまとめローンというものがあります。

 

この商品に申込めば借り換えやおまとめ利用であれば、総量規制の範囲を超えて借入する事ができますが、もちろん審査結果によります。このプロミスの貸金業法に基づくおまとめローンの条件と、フリーキャッシングとの違いをしっかり把握してプロミスでの借り換えを検討して見てください。

プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンとフリーキャッシング
貸金業法に基づくおまとめローン フリーキャッシング
借入可能額 300万円まで 最高500万円
金利 実質年率6.3%〜17.8% 実質年率4.5%〜17.8%
申込可能年齢 年齢20歳以上65歳以下 年齢20歳以上69歳以下
借り換え可能な対象借入が限られている

プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンで借り換えできない借入があります。総量規制の例外を利用した商品なので、基本総量規制の対象の借入のみが対称になります。なので、

 

 

  • 銀行のカードローン
  • クレジットカードのショッピング

この借入は借り換えることはできません。これらを含む借入を借り換えたい場合は借り換え利用可能な銀行カードローンで借り換えるしかありません。

 

>>審査が不安?借り換え利用可能な銀行カードローンの選び方

既存借入の返済はプロミスが代理で返済

既存借入先への返済はプロミスが代理で申込者の名義で振込返済します。これは総量規制の例外を適用する為の条件で、申込者が融資を受けた最に借り換え先に返済せずに使い込んでしまうことを防止する為の条件になっています。ですので貸金業法に基づくおまとめローンでは、

 

 

申込者に直接融資されることはありません。


借り換えたら完済を目指すロンですので追加融資は不可能

借り換え後に返済が進んできても、プロミスから追加で融資を受ける事はできません。これも総量規制の例外を適用する上での条件で、完済していないのに更に借りてまた多重債務に陥る事を防止する為のものです。

最重要!貸金業法に基づくおまとめローン専用の申込フォームがないので申込後に電話する

 

貸金業法に基づくおまとめローンには専用の申込フォームがないので、ネット申込後にプロミス電話して貸金業法に基づくおまとめローンを利用する旨を伝えなければなりません。


申込フォームから推察してくれれば逆にプロミスから貸金業法に基づくおまとめローンを案内してくれるかもしれませんが、プロミスに電話して貸金業法に基づくおまとめローン出の申込と伝えたほうが確実です。

 

以上を理解して貸金業法に基づくおまとめローンの借り換え条件に合致したらプロミスに申込む
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース


※プロミスのフリーキャッシングの申込フォームになりますので申込後にプロミスに電話するようにしてください。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

審査が不安?借り換え利用可能な銀行カードローンの選び方

借り換えとなると既存借入金額もあるので、審査の厳しい銀行カードローンでは更に審査が厳しくなることが予想されます。しかし銀行カードローンの方も借り換えとなると大きな金額を貸せますのでメリットもあります。

 

借り換えなので既存借入が返済されてなくなる訳ですから、実質は借り換え用に貸す金額だけの審査をすればいいのですから、そのことが伝われば審査もそこまで厳しくなりません。なので、

 

 

  • カードローンのホームページで借り換え・おまとめローンでの利用受入を明確に提示している
  • 申込フォームで借り換え・おまとめローンでの利用が銀行に伝わるような設計になっている

こういった銀行カードローンに申込めば、もちろん銀行側は借り換え・おまとめローンを推奨しているわけですからしっかり審査してくれますし、借り換え・おまとめローンでの利用が申込フォームで選択されている訳ですから、既存の借入は返済されたものとして審査してくれます。

借り換え利用推奨で借り換え利用も銀行に伝わる申込フォームの銀行カードローン

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円
三井住友銀行カードローンのホームページの表記

三井住友銀行カードローンの申込フォーム

複数の返済方法や返済日が選べるプロミスなら安心して借り換えることができます

既存の借入に対して借り換えを考える場合、どの業者を選べば良いかというのはとても重要な問題です。現在利用しているところよりも返済条件を有利にするという意味で考えると、借り換える先では少しでも返済が楽になる必要があるためです。

 

この点から考えた場合、おすすめの業者のひとつといえるのが即日融資のサービスが整っている消費者金融大手のプロミスです。プロミスは借り換え以前に新規で利用しているという人も多いかもしれませんが、借り換えについても高い人気のある業者です。借り換えを利用する場合で最も多いケースといえるのが

 

複数ある既存の借入をひとつにまとめるいわゆる「おまとめローン」

 

というケースです。プロミスでは最大で300万円までであれば複数の借入をひとつにまとめて借り換えることができるおまとめローン商品が用意されています。この場合、既に借入を利用しているところに対してはプロミスが個別に返済の対応をしてもらえますので、手間なく借り換えに移行することができます。

 

適用される金利については、プロミスについては6.3%〜17.8%という消費者金融ならではの利率設定ではありますが、プロミスの最大の特徴ともいえる「多彩な返済方法」が利用できるというメリットがあります。借り換えではありますが、プロミスと契約をし直すことになりますので、

 

返済方法や契約内容についてはプロミスの規定に準じる

 

こととなります。プロミスでは専用ATMへの返済の他、コンビニや銀行などの提携ATMを利用しての返済をはじめ、銀行振込みや自動引き落としといった様々な返済方法が用意されています。特に銀行の自動引き落としは、返済日をうっかり忘れてしまいがちな人にとってありがたいサービスといえます。

 

さらに、プロミスでは返済日についても5日・15日・25日・末日から自身の都合に合わせて最適な日程を選択することが可能です。カードローンの返済で重要なことのひとつに「返済計画」がありますが、プロミスならこうした点についても安心して利用できます。

 

また、消費者金融とは別に楽天銀行スーパーローンなどがありますが、最大限度額も高い為、おまとめローンのひとつとして検討するのも良いです。

更新履歴